ICU、4年間で400万円の奨学金を学部生に

マイスターです。

大学に行くときに大きな問題となるのが、学費。
私立大学が大半を占め、公費からの学費負担も充実していないこの日本においては、学費の高さは進路を選ぶにあたって無視できぬ要素となります。

「本当は私立の○○大学に行きたかったけれど、学費が高いから国立の□□大学に。」

なんて人は、世の中に結構いるはず。

理工系や医学部など、設備の維持などの関係で、どうしても学費が高くついてしまう学問領域はあるものです。
また、少人数制の教育を徹底しようとしたり、教育環境の整備を行ったりしようとすれば、これまた学費が上がる要因になります。
(マスプロ教育をすれば学費は下がります)

自分が本当に学びたい学問や、本当に行きたい大学を、学費のためにあきらめなければならないというのは、本人にとっても大学にとっても、社会にとっても大きな損失。
そこで、公的な補助金や奨学金の充実が重要になってくるわけです。

というわけで、今日はこんな話題をご紹介します。

【今日の大学関連ニュース】
■「優秀学生に400万円 ICU、国内最高レベルの奨学金」(Asahi.com)

国際基督教大(ICU、東京都三鷹市)が今年度から、同窓会への寄付を元手に、優秀な学生に4年間で400万円を支給する奨学金制度を始める。学部学生への支援では国内でも最高レベルで、「経済的な理由から他の大学を選んでいた学生を引き留めたい」としている。優秀な学生を獲得しようと国内の大学の間に広がっている授業料免除の拡大や奨学金の充実などの動きにも拍車がかかりそうだ。
ICUの授業料・施設費は年額132万6千円。少人数教育が中心のため、他の有力私立大より3割ほど高く、国立大の約2.4倍にのぼる。このため、第1志望で合格しても進学する段階であきらめる学生が少なくなかったという。
これに対し、同窓会が「このままでは大学の門戸が狭まってしまう」という危機感を抱き、昨年度から大学とともに募金活動を開始。これまでに2億1844万円を集めた。
新入生を対象に入試の成績や経済状況などから毎年15人程度を選び、卒業までの4年間、毎年100万円ずつ支給する。志願時に申し込み、合格発表時に採否を知らせることで引き留め効果を強める。今年度は申し込んだ127人から12人が選ばれた。
(上記記事より)

■「ピースベル奨学金」(ICU)

学生に対する経済的支援には、

■大勢の学生の負担を、少しずつ下げる
■少数の学生の負担を、大きく下げる

……という2つの考え方があると思うのですが、後者の場合のねらいは明確。
「優秀な学生を、他大学ではなく自校に進学させる」ということです。

ICUのこれは完全に後者。
しかも、学部4年間で400万円。これは、かなり大きな金額であるように思います。
(少なくともマイスターにとっては……)

■大学院生に対する経済支援 各大学が競う(2008年01月24日)

最近は、大学院生向けの経済支援を強化する大学が目立っていたのですが、ICUのこの奨学金は学部生向けのものなので、目を引きます。

しかも、「1人の学生に400万円」。
毎年100万円ずつ分割して給付されることになっていますが、一度選抜されれば、在学している限りほぼ確実に400万円をもらえるわけで、これが入学前の段階でわかるというのですから、受験生の側にとっては非常に大きいでしょう。

ICUは、少人数制の充実したリベラルアーツと、広大なキャンパスで知られる大学です。
最近は「国際教養」や、「リベラルアーツ」といった名称を、新学部として打ち出す大学が増えていますが、日本においてその先駆けになったのは、ICUでしょう。
GPA制度など、アメリカ式の大学教育システムを日本で実践しているということで何かと大学関係者が参考にすることも多く、学生の満足度調査などで各種のランキング上位に登場することも少なくありません。

ただ、そんな教育環境を維持しているが故、でもあるのでしょうが、学費が高いのです。

国立大学以上にゆとりをもった土地の使い方をしていて、少人数教育なのですから、そりゃあお金はかかるでしょう。
他の私大の人文・社会科学系の学部と比べても1.3倍程度とのことですから、小さくありません。

そして、現在、ICUをモデルにしたような学部を、他の有力私大が次々に打ち出しているわけですが、逆に言えばこれは、ICUの学生募集を直撃していると思われます。

今回のような奨学金を打ち出すということは、それだけ大学が危機感を持っているということの表れなのでしょう。

同窓会が、昨年度から今までに2億1844万円を集めたと記事にはありますが、1学年の学生数が数百人程度しかない小規模大学でこの額は、結構集まった方だと思います。
もしかすると、OBやOG達も、「このままでは母校が!」という危機感を持っていたのかも知れません。

(経営危機に陥る大学が少なくない中、今までICUがこれだけの環境を維持できてきた背景には、おそらくこういった卒業生達の支援もあったのかなと思います)

卒業生向けの、この奨学金の寄付のお願いを読んでいたら、興味深い記述がありました。

Q. 一口100 万円ですか?A. 一口を100 万円としたのはこの奨学金が一人の奨学生に年間100 万円を給付するという意図に基づくもので、100 万円未満の寄付は受け付けないということでは全くありません。(「ピースベル奨学金募金についてのQ& A(PDF)」(ICU)より)

どうやら卒業生には当初、一口100万円という案内が行ったようです。
マイスターの知り合いにもICUの卒業生がいるのですが、「(寄付はしてもいいけど)そんなに払えるかー!」という反応だった模様です。
もっとも、普通の大学なら、こんな金額設定は発想すらしませんので、やっぱり普段から寄付活動が普及している(?)のかも。

Q. 奨学生を特定したり、奨学生に条件を付けることはできますか?
A. ICU の入学試験に合格することが大前提ですが、個人またはグループで400 万円(一人の奨学生を4 年間サポートできる金額)以上寄付して下されば、奨学生の種類(例えば留学生、男女)を指定したり、さらにその奨学金に名前を付けることができ、その場合、奨学生は特定されます。また、奨学生について条件を付けたいとお考えの方は募金事務局へ御相談ください。

(「ピースベル奨学金募金についてのQ& A(PDF)」(ICU)より)

これって、面白いなと思ったのですが、他の大学でもそうなのでしょうか?
確かに、「自分はこういう境遇で苦労したから、同じような環境で苦しんでいる学生をサポートしたい」という想いを持つ人だっているかもしれません。
そういう想いを反映させるという点では、悪くないシステムだと個人的には思います。

他、「結婚式に学長からのお祝いのメッセージをお届け」とか、大学と卒業生との距離感をより緊密にするような特典もあったりします。
うむむ、生き残るための小規模大学の工夫、という感じです。

さて、冒頭の記事によればこの奨学金、大学側としてはいずれ年間数十人規模にしたいとのことです。
ICUの定員は元々少ないですから、「卒業生の寄付のおかげで、10人に1人は学費タダ」みたいな状態を目指しているのかも知れません。
そうなったらかなり面白いですが、さて、実現できるでしょうか。

果たして大学が意図する成果はあがるのか。
興味深い事例です。

以上、マイスターでした。

※この記事は、現役高校生のための予備校「早稲田塾」在籍当時、早稲田塾webサイト上に掲載したものです。