プロデューサーのお仕事(3):プロデューサーの役割がわかる、ちょっとしたクイズ

出張帰りの新幹線の中で、記事を書いているマイスターです。こんにちは。

これまで、プロデューサーのお仕事についてご紹介する記事を書いてきましたが、
説明のための良い素材があったのを思い出しましたので、今日はそれを取り上げたいと思います。

ちょっとしたクイズです。

みなさんなら、以下の問題に、

どういった回答を出しますか?

———————————————————

↓問題はこちら。クリックで拡大表示されます。

プロデューサークイズ

———————————————————

当然、正解は一つではありません。
様々な回答が考えられると思います。

でも、「より良い答え」というものは、一応、あります。

お客様の気持ちになって考えることが大切です。
そうすれば、案外、難しくないと思います。

正解は、明日、ご紹介します。
こうしたトレーニングはあらゆる仕事に役立つと思いますので、ぜひ、ご自分なりの答えを考えてみてください。

(こういう問題って、先に正解を見てみると「なんだ、こんなの簡単じゃん」と思えるものです。
でも、何もヒントがない状態において、自分の答えを出すことが、プロデューサーの一番大事な任務です。こうした経験を繰り返していくと、決断力が付きますよ。
回答は、明日までお手元にメモしておくか、よろしければ本ブログ記事のコメント欄もお使いください)

頭の体操にもなって、いいですよ。
職場の同僚の方などにも、この問題を出してみると、面白いかも。

以上、マイスターでした。

2 件のコメント

  • お久しぶりです、マイスター。出張お疲れ様でした。
    自分なりに問題の答えを出してみました。
    コメントに載せるには恥ずかしい幼稚な解答なのでメモで残しておきます。
    明日の答え合わせが楽しみです。

  • おもしろそうですね、とりあえず思いつくのは
    1.銀行のATMでは「千」「万」のボタンがあったように思います。
    でもこの問題の解決にはならないですね。
    2.金額入力画面に「千円単位」の旨の注を出す。
    3.最初の画面でなく、金額入力画面に戻るようにする。
    4.苦情が相次いでいるとのことなので、需要に合わせて小銭も引き出せるように機械を変える。
    う~ん、もっと捻り出したいところですがギブアップです…