社会起業家

■第1回■ 丸の内「ビジネス・イノベーション・シリーズ」プレゼン会
http://cacnet.org/archives/2005/05/1_1.html#more

こんな発表をされる方がいるらしい。

———————————————-
● 『 大学間提携による教育特化型ネットワーク学部の創設』 (大学教員)
若者の学力低下、大学の定員割れ、大学の教育力への疑問などから大学改革が喫緊の課題となっています。これらの課題を解決するための大学改革のビジネスモデルを提案します。
———————————————-
(以上、上記ページより引用)

ああ気になる。
気になるけどその日は既に外せない用事があって出席できない…。
なので、三菱地所の方にお願いして、資料を送ってもらうことにしました。

ちなみにこのページにある「社会起業家」というのは、
『社会起業家―「よい社会」をつくる人たち』(PHP新書)の著者である町田洋次氏によれば、

「医療、福祉、教育、環境、文化などの社会サービスを事業として行う人たち」

をさす言葉です。
この本を読んだから、自分は大学のスタッフとして働いているのかも。

公務員や教員、学生さん、NPO関係者、そして大学職員は、読むとモチベーションがあがります。


社会起業家―「よい社会」をつくる人たち


追伸:

本文で著書を紹介した町田洋次氏のブログを発見した。

■町田洋次の社会起業家・エッセンス
http://yymachida.ameblo.jp/

二つ以上のクラスターに関わる=二つ以上の文化に足を突っ込む、ことが、
社会企業のコネクターに必要な条件とある。

経験上、「この人は社会起業家だな」と思える人には、
確かにこうした関係を複数の分野に広げている方が多かったように思う。

ネットワークの重みが、通常の企業を立ち上げるのに比べて、大きいからかな?

———————————————
↓毎日一回、読んでいただけましたら、ぜひぜひクリックお願いします!

→人気blogランキングへ