「わくわく動物ランド」が好きでした

■一番見せたくない番組は「ロンドンハーツ」 PTA調査(Asahi.com)
http://www.asahi.com/culture/update/0517/016.html?ref=rss

そもそもPTAのおじさん、おばさんに適切なメディアリテラシーがあるのか疑問ではあるが、このような結果になったそうな。

「クレヨンしんちゃん」はスペインなど世界中で放映されているが、日本のような「お下劣」という批判はあまり聞かない。
ちゃんと親子のつながりなども描かれているし。

ちなみに「アンパンマン」は、どちらかというと日本では、安心して見せられる、という評価のアニメであるが、「暴力での解決を子どもに勧めているようなものだ」として欧米では不評である。

我らが「ドラえもん」に対しても、「こんなものを見せたら子どもはダメになる」という批判が聞かれてしまっている。
(映画ではちゃんとのび太もがんばっているんだけどなぁ)

欧米はじめ、世界の声が必ず正しいとは限らないが、彼らは
表現のうわっつらと、表現されている内容をちゃんと判断した上で、
「面白いかもしれないが、教育にはよくない」と意見を出している。
メディアリテラシーだよなぁ、と思う。

特に欧州では、TVだろうが新聞だろうが教科書の内容だろうが、情報を批判的に見られる人が多いような気がする。

しかし、「見せたい番組」ランキングの番組、大人は見てるんだろうか。
PTAの、どんな人に聞いたのかきちんと書いて欲しい。男女比とか、年齢層とか。

個人的には好きだけど、「その時歴史が動いた(NHK)」を見る子どもってあんまり想像できない…。
「脳内エステIQサプリ(フジテレビ系)」は、勉強から離れた大人が頭を使うから楽しめるんじゃないかって気もする。

エンターテイメントとしても優れていて、子どもに理解できて、
教育的にもいい番組ってあまりないなぁ。